比較的に胃腸が弱い人の便秘解消法と健康法

MENU
胃腸が弱い方の便秘解消法 TOP  >  健康  >  痩せやすい体質になるための体が柔らかくする方法

痩せやすい体質になるための体が柔らかくする方法

 

ある大学の研究で体が柔らかいと痩せやすいという実験結果が得られています。このメカニズムはまだ推測の段階ですが、今、研究をすすめているところらしいです。

柔軟性が高いということは腱などが柔らかく、関節の可動域が広いことをいいます。だから、柔軟性が高い人では、ランニングやスポーツをしているときに、関節に必要以上に曲がってしまいそうになります。

 

 

その運動で使われる筋肉が収縮することによって、曲がりすぎを抑えるような動きをしようとする。関節の可動域がひろいので、広がり過ぎないように力を入れてとめているような感じです。

 

 

同じ強度の運動をしても、柔らかい人の方が実はエネルギーを多く消費していることになるということです。体が柔らかい人とかたい人が同じ動作をすると、体のかたい人の方がエネルギーがいるように思われますが、その逆になるという結果がとても面白いですね。

 

 

柔軟性を決める三要素

関節の構造

関節が動く範囲の限界は、構造的に決まっています。骨の形やつながり方によって関節を動かせる範囲が決まっているということです。基本的には構造はみんな同じですが、個人差は多少あるそうです。関節の構造はトレーニングによってかえることはできません。

 

 

 結合組織の特性

結合組織とは、筋肉や腱、靭帯など関節を動かしたりする組織のことです。年齢や性別、運動量などによってのびやすさや元にもどりやすさが違ってきます。

 

一般に男性の方よりの方が女性が、結合組織は伸びやすい性質をもっています。これは、エストラジオールという女性ホルモンの濃度が高いほど柔軟性が高くなると言われています。

 

また、年齢を重ねると結合組織のコラーゲンの量が減少し、コラーゲンどうしの結合が複雑になるため、結合組織が伸びにくくなるためです。結合組織の特性はトレーニングによってかえることができます。

 

 

神経の制御

神経を通してが筋肉や腱が傷まないように力がかかりすぎるのを防ぎます。筋肉が伸び縮みできる範囲をや強さは、神経によって制限されていることをいいます。その制限はトレーニングによって、広げることができます。
結合組織の特性神経の制御をかえることによって柔軟性をアップすることができます。

 

 

 

 

正しいストレッチング

体を柔軟にするにはストレッチングは有効です。ストレッチングを繰り返すことで、結合組織の特性が変化して可動域が伸びます。神経による動きの制限も広げることもできます。しかし、その方法を間違えると、柔軟性がつかないことがあります。

 

筋肉や腱の中に神経のセンサーがあります。ストレッチングのときに反動をつけたり、無理にひっぱるなど筋肉を急激の伸ばされるとセンサーが筋断裂のおそれを感じて、結果筋肉の伸びる長さを強く制限してしまいます。このことを伸張反射といいます。

 

逆に静かにゆっくりと筋肉や腱を伸ばすと、センサーは筋肉や腱にかかる負担を軽減するために、もう少し伸ばしなさいの命令がでます。これをゴルジ腱反射といいます。

 

正しいストレッチングとは、伸張反射にならないように、ゴルジ腱反射をおこすストレッチングをいいます。

 

 

 

効果的なストレッチング方法

 

1、反動をつけて行わない。

静かにゆっくりと筋肉を伸ばすと、さらに筋肉を伸ばそうと神経から命令が出る。(ゴルジ腱反射)

2、1回30秒×3セット以上行う

ストレッチングの効果がでるのは15秒から30秒は必要です。

3、週に3~5日以上行う。

効果を維持するために継続が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

同じカテゴリー「健康」の一覧

還元型コエンザイムQ10のステラの贅沢CoQ10の成分と効果

  コエンザイムとは、補酵素のことで細胞内の化学反応の担い手である酵素の働きを助けるものです。Q10はキノンという化学構造に側鎖が10単位で連なってできているというのが名前の由来です。 コエ […]

記事の続きを読む

腸粘膜と遅発性食物アレルギー

      食物アレルギーと言えば、食物を食べるとすぐにじんましんが出る、呼吸が苦しくなるなどを重い言付きます。これらすぐに症状が現れる食物アレルギーを即時性食物アレルギ […]

記事の続きを読む

過敏性腸症候群とフォドマップ食事療法とC-23ガゼリ菌

    過敏性腸症候群(IBS)とは、主に精神的な緊張・不安・ストレスが原因で、下痢、便秘といった便通異常や 腹部膨満・腹痛・ガスなどの症状が繰り返し起こる病気をいいます。腸を検査 […]

記事の続きを読む

酢とたまねぎを合わせたときの健康効果と整腸作用

    以前に酢を原液で飲む健康法が流行しました。高い濃度のまま飲んでしまうと酸が強すぎて、口の中や食道、胃などの粘膜を荒らしたり、胸やけを起こしたりする危険性があります。酢を直接 […]

記事の続きを読む

ダイエット効果のあるヨーグルトと美肌効果のあるヨーグルト

    毎日食べるヨーグルトですが、どうせ食べるなら目的に合わせてヨーグルトを選びましょう。乳酸菌やビフィズス菌の種類によって、体の中での機能が異なることがわかってきている。ここで […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

巣切 通子のプロフィール

便秘は腸だけの問題ではなく、体の健康状態や心の状態が影響を与えるので、様々な方面から便秘解消法や腸活法をお伝えしたいと思っています。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 胃腸が弱い方の便秘解消法

    ページトップ