比較的に胃腸が弱い人の便秘解消法と健康法

MENU
胃腸が弱い方の便秘解消法 TOP  >  健康  >  NATTS菌(ナッツ菌)がなくても、エクオールを体内でつくる方法とは

NATTS菌(ナッツ菌)がなくても、エクオールを体内でつくる方法とは

 

大豆を食べると体内でエクオールというものができ、このエクオールが乳がんや前立腺がんなどがんの発症を抑えることが知られています。

 

大豆に含まれる大豆イソフラボンには、ゲステインダイセイングリシテインの3種類があり、このうちダイセインが腸内細菌によってエクオールに変わります。

 

 

アシアのの多くの人はこの腸内細菌をもっていますが、欧米人の人はほとんど持っている人がいません。日本人の場合50%の人が持っています。その日本人も年齢によって差があります。

 

50代の人は半数以上の人が持っていますが、30代でかなり減っています。若い世代ほど、エクオールをつくる腸内細菌が少ないということです。このエクオールを持てるのは、イソフラボンと相性の良い腸内細菌をもった人だけということです。

 

 

また、最近の研究でこの腸内細菌を特定することができました。名前はNATTS菌です。発見者名のイニシャルを並べて名づけ「ナッツ菌」と読みます。スラキア属と呼ばれる細菌の一種です。その人がNATTS菌をもつかどうかを簡単に調べられるようになりました。そのチェック法をソイチェクといいます。

自宅からできる郵送型の尿検査キットです。

 

ソイチェック 【あさイチで紹介されたエクオールがチェックできる】

新品価格
¥4,104から
(2018/1/30 23:52時点)

 

エクオールは乳がんのリスクを下げるということで期待されています。女性ホルモンエストロゲンはがん細胞膜にあるレセプターと容易に結びついて、がん細胞を増殖させます。一方、エクオールが女性ホルモンのエストロゲンと構造が似ているので、がん細胞膜のレセプターを奪い合いをします。

 

奪い合いに勝ったエクオールはエストロゲンよりもがん細胞への活性が弱いので、結果的にがん増殖を抑えることになるのです。また、前立腺がんの発生に関わる男性ホルモンにもエクオールが影響を与え、がんの発症リスクを抑えることがわかっています。

 

エクオールを生成するために、NATTS菌(ナッツ菌)を体内にいれれば良さそうですが、NATTS菌(ナッツ菌)は、腸に住みつかせるのがとても難しいことや安全性の点でまだ研究の段階で確認されていないことで、今のところはサプリとして実現化するは難しいのです。

 

NATTS菌をもっていてエクオールを作れる人は豆腐を半丁ほど食べれば、がんの予防が期待できます。NATTS菌をもっていなくて、エクオールを作れない人でも、イソフラボンに含有しているゲニステインによって、がん予防は期待できます。だから、豆腐や納豆などを積極的に食べることです。大豆製品を摂取することでエクオールが住みつきやすくなります。食物繊維をしっか摂るなどして腸内環境を整えたうえで、大豆や大豆製品を毎日食べることが重要です。

 

 

 

 

 

 

NATTS菌(ナッツ菌)がなくても、エクオールを体内でつくる方法はノムダスです

 

エクオールを作れな人は、ビフィズス菌を摂りましょう。ビフィズス菌BB536ダイゼインをエクオールにつくりかえるできるという研究発表があります。

 

ビフィズス菌BB536というのは、1960年代の日本人の腸から採取した腸内細菌です。このころの日本人はまだ伝統的な和食を食べていて、今よりも大豆を食べる食生活をしていました。このごろは多くの日本人がエクオールをつくることができ、そのときのBB536ということになります。

 

体内でエクオールを生成するためには、腸内にNATTS菌(ナッツ菌)に替わるエクオール産生できる菌がなければ生成できません。そこでノムダスは生きているエクオール産生菌であるビフィズス菌BB536を配合しました。

 

ノムダスのビフィズス菌BB536をノムダスに配合されている乳酸菌EC-12と菊芋に含まれるフラクトオリゴ糖を使って増殖します。だから、NATTS菌(ナッツ菌)を持っていない人でも、このノムダスによって、自然素材の力でエクオールを生成することがが可能になります。

 

さらに、和漢植物と1兆1000億の乳酸菌を配合しています。また、ノムダスに配合されている黒大豆から糖を分離した大豆を使用することで、より吸収しやすくエクオールをつくります。こうすることで産生菌であるビフィズス菌BB536とも結合しやすくなります。一般的な大豆イソフラボンに比べても300%の吸収率があります。

 

 

自然由来でエクオールを生成することができる ノムダスはこちら



同じカテゴリー「健康」の一覧

還元型コエンザイムQ10のステラの贅沢CoQ10の成分と効果

  コエンザイムとは、補酵素のことで細胞内の化学反応の担い手である酵素の働きを助けるものです。Q10はキノンという化学構造に側鎖が10単位で連なってできているというのが名前の由来です。 コエ […]

記事の続きを読む

腸粘膜と遅発性食物アレルギー

      食物アレルギーと言えば、食物を食べるとすぐにじんましんが出る、呼吸が苦しくなるなどを重い言付きます。これらすぐに症状が現れる食物アレルギーを即時性食物アレルギ […]

記事の続きを読む

過敏性腸症候群とフォドマップ食事療法とC-23ガゼリ菌

    過敏性腸症候群(IBS)とは、主に精神的な緊張・不安・ストレスが原因で、下痢、便秘といった便通異常や 腹部膨満・腹痛・ガスなどの症状が繰り返し起こる病気をいいます。腸を検査 […]

記事の続きを読む

酢とたまねぎを合わせたときの健康効果と整腸作用

    以前に酢を原液で飲む健康法が流行しました。高い濃度のまま飲んでしまうと酸が強すぎて、口の中や食道、胃などの粘膜を荒らしたり、胸やけを起こしたりする危険性があります。酢を直接 […]

記事の続きを読む

ダイエット効果のあるヨーグルトと美肌効果のあるヨーグルト

    毎日食べるヨーグルトですが、どうせ食べるなら目的に合わせてヨーグルトを選びましょう。乳酸菌やビフィズス菌の種類によって、体の中での機能が異なることがわかってきている。ここで […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

巣切 通子のプロフィール

便秘は腸だけの問題ではなく、体の健康状態や心の状態が影響を与えるので、様々な方面から便秘解消法や腸活法をお伝えしたいと思っています。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 胃腸が弱い方の便秘解消法

    ページトップ