比較的に胃腸が弱い人の便秘解消法と健康法

MENU
胃腸が弱い方の便秘解消法 TOP  >  便秘解消法  >  生野菜やサラダだけで便秘を解消できるか?

生野菜やサラダだけで便秘を解消できるか?

 

生野菜やサラダに含まれる食物繊維っていったい何か。

 

 

 

そもそも食物繊維とは「ヒトの消化酵素では消化されない食品中の難消化性成分の総体」と日本食品標準成分表にはこう書かれています。人は食物繊維を分解できる消化酵素がないため、食物繊維は吸収して栄養にすることができないものなのです。

 

食物繊維は人間の体には消化・吸収できないものですから、消化に時間がかかり、消化・吸収できないものが便になるので、便秘症の人には必要なものになります。

 

 

食物繊維は消化酵素で分解されないから特殊な物質からできている思われがちですが、実は糖質であるデンプンと同じように「糖」を基本単位から構成されています。消化酵素で分解される「糖質」になるか、分解されない「食物繊維」になるかを決めるのは、糖の種類と糖のつながり方で決まります。

 

 

その食物繊維ですが、意外と知られていませんが、水への溶けやすさから不溶性食物繊維水溶性食物繊維の2種類の食物繊維があります。

 

 

 

食物繊維の水への溶けやすさは主に糖のつながり方によって決まります。糖が枝分かれしてつながっている食物繊維は主に水溶性で、糖のつながりが長いものはヌルヌルした食感をしています。一方枝分かれせずにつながっている食物繊維は水に不溶性のものが多く、ザラザラした食感をしています。

 

 
不溶性食物繊維とは、水に溶けない食物繊維で、セルロースなどの多く含まれるキャベツやレタスや根菜類、穀類やいも類、豆類などのが多く含まれています。サラダにはこれが多いです。

 

 

 

 

 

 

やさい1

 

 

 

水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維で、昆布やわかめ、低分子アルギン酸ナトリウムの多い海藻類やリンゴやバナナなど熟した果実に多いペキチンを含む食材、グルコマンナンを含むこんにゃくなどです。

 

 

2種類の食物繊維は腸に対しての効果が違い。

 

 

 

腸の中を掃除するのはどちらかというと、不溶性食物繊維です。繊維が折り重なって網目の構造をつくるためすきまに水を取り込むことができます。水を吸収することで体積を増やして大腸を刺激して、排便を促します。

 

 

一方、水溶性食物繊維は大腸にすむ「乳酸菌」や「ビフィズス菌」などのえさになります。乳酸菌やビフィウズス菌が増えると、毒素やガスをつくる腸内細菌を減らす作用があるため、おなかの調子を整えることになります。

 

 

乳酸菌ビフィウズス菌は、水溶性食物繊維を分解して「短鎖脂肪酸」に変えます。短鎖脂肪酸は、大腸の粘膜から吸収され粘膜のエネルギー源になり、水やミネラルを吸収する粘膜の働きを活発にします。要するに腸をとても元気することができるのです。

 

 

また、短鎖脂肪酸は肝臓や脂肪組織で脂肪の合成を調節したり、小腸から食欲を抑えるホルモンが分泌するのを促したりします。

 

 

他にも水溶性食物繊維は糖質や脂質を包み込んで、糖質や脂質を小腸で消化酵素で分解するを邪魔をします。つまり、糖質や脂質の吸収を抑えてからだを太らないようにする効果があるということです。

 

 

わかめ

 

 

生野菜やサラダで便秘が解消できるのか?

 

 

食物繊維というと「生野菜」「サラダ」など不溶性食物繊維ばかりを食べて、水溶性食物繊維が不足でかえって便秘を悪くしている人が多いのではないでしょうか。不溶性食物繊維は水に溶けないので、水分を多くとらないと便が固くなってしまったり、腹部の膨満感が強くなったりします。

 

 

また、慢性便秘症の人が、玄米食を中心とした食事をとることで、便秘の症状を悪化させている場合があります。 例えば便秘解消として全粒穀物や温帯性の野菜を大量に摂るりますが、そうすることで不溶性食物繊維が多い食物を大量にとることになり、結果的に便秘を悪化させるケースが多いのではないでしょうか

 

 

 

便秘症の人は水溶性食物繊維の方の物をたくさん食べることが、お通じを良くするのことになります。昆布やわかめ、海藻類、リンゴやバナナ、柑橘類、こんにゃくなどを食べるように努めましょう。

 

 

どのぐらいの目安で食物繊維を食べればいいかというと、ベストの食物繊維のバランスは不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の摂取量の割合は2対1になるようにしてくださいそしてトータルで成人男性で1日20g、成人女性で1日18g以上食物繊維を摂取しましょう。

 

 

 

 

 

同じカテゴリー「便秘解消法」の一覧

胃腸を元気にする方法

  胃腸を強くする食べ物を食べる。 タウリンを含む食物を食べる。 魚介類に多く含まれるタウリンは、肝臓の機能を高めてアルコールの代謝をよくする働き、コレステロールの値を低下させたり、疲労回復 […]

記事の続きを読む

ライザップが考案したバイタルフローラ。その効果は成分に秘密があり。

    あのRIZAPが美容と健康にかかせない腸内環境を整えるサプリメントを開発しました。 ダイエット中は、食事制限などの影響で便秘になりがちです。そのためお通じを良くすることが大 […]

記事の続きを読む

バナナを食べて便秘を解消する。

      バナナは食物繊維やビタミン・ミネラルといった栄養素が豊富に含まれています。ほかにも、レジスタントスターチ、フラクトオリゴ、マグネシウムなど便秘解消に良い成分も […]

記事の続きを読む

過敏性腸症候群とフォドマップ食事療法とC-23ガゼリ菌

    過敏性腸症候群(IBS)とは、主に精神的な緊張・不安・ストレスが原因で、下痢、便秘といった便通異常や 腹部膨満・腹痛・ガスなどの症状が繰り返し起こる病気をいいます。腸を検査 […]

記事の続きを読む

ノンカフェインの「するっとカフェ」を飲んで便秘解消。

    コーヒーには、コーヒーオリゴ糖という独自のオリゴ糖があります。コーヒーオリゴ糖は腸内にある善玉菌であるビフィズス菌の栄養になります。 コーヒーオリゴ糖の特徴は、善玉菌の栄養 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

巣切 通子のプロフィール

便秘は腸だけの問題ではなく、体の健康状態や心の状態が影響を与えるので、様々な方面から便秘解消法や腸活法をお伝えしたいと思っています。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 胃腸が弱い方の便秘解消法

    ページトップ