比較的に胃腸が弱い人の便秘解消法と健康法

MENU
胃腸が弱い方の便秘解消法 TOP  >  健康  >  老化の原因の糖化対策には低GI食品を

老化の原因の糖化対策には低GI食品を

 

 

酸化と同様に老化の原因になっている糖化とは何か?

 

糖化とはタンパク質と糖がくっついて起こる現象です。血液中に余分な糖分があると、体内のタンパク質に糖や脂質が結び付き、タンパク質えお変形させ、AGE(終末唐化産物)をつくります。

 

タンパク質は消化器官を通り、消化酵素によってアミノ酸に分解されます。アミノ酸は肝臓で貯蔵しながら、酵素を使いながら身体に必要なたんぱく質を再構成して、各臓器に細胞の材料としてわたします。

 

そこで、糖を摂りすぎるとアミノ酸とアミノ酸の間に糖が入り込み、全く違うたんぱく質ができてしまいます。このことを糖化といいます。この糖化した変形タンパク質は唯一「プロテアソーム」という酵素が分解できますが、年齢をとともにこの酵素の機能が弱くなるのがわかっていです。

 

 

AGE(終末唐化産物)はが血管につくと血栓や動脈硬化になるし、腎臓につまれば腎不全、肌で起こればシミやくすみ、骨であれば、骨粗鬆症の原因になります。アルツハイマー病を発症している患者さんは、一般の方に比べて数倍のAGEが蓄積しています。

 

 

年を重ねると新陳代謝が遅くなり、組織のタンパク質がストレスの悪影響を受ける率が高くなりますAGE(終末唐化産物)の影響を受けて、組織タンパク質は変性し、老廃物が蓄積されて組織の機能障害がでてきます。

 

このAGEを少なくするにはどうすればいいのか。

 

 

それには原因となる過剰な炭水化物や糖を摂取するのを避け、血糖値を急激に上げないようにすることが大事になります。

 

食品を摂取したことで血糖値が上がります。その上がり方を数値で表したものをGI値(グリセミック指数)といいます。その数値は食品によってまちまちで、含まれる糖質の量や質、消化のしやすさなどによって変わってきます。GI値が低いほどインスリンの量は抑制でき、血管や臓器などの糖化を抑制できます。

 

 

GI値の高い食品は、パン、うどん、白米、はちみつ、パンケーキー、ジャガイモ、バナナなどで、GI値の低い食品は大豆、緑黄色野菜、きのこ、海藻、アボガド、ヨーグルトなどです。肉類や魚介類は、低GI食品とまではいえませんが、高いGI値ではありません。このことから、空腹のときにいきなり炭水化物を食べるとGI値が急上昇します。

 

血糖値を下げようとしてインスリンが分泌されると、脂肪が身体に定着してしまいやすくなり、肥満そして臓器の糖化ということになります。

 

 

体にAGEができやすいのは食後1時間です。これは食後30分から1時間で血糖値が上がるため、その時に糖化が起こってしまうからです。その対策として低GI食品を選んで食べることが大事になります。

 

 

 

その他にも食事では食べる順番も大事です。主食のごはんといった炭水化物を食べる前に、食物繊維が豊富な緑黄野菜やキノコ類、たんぱく質を含む肉・魚類を食べるのがいいのです。同じメニューを食べても、食べる順番によって血糖値の上がり方が違うのです。

 

 

また、血糖値が一番上がるのは食後1時間です。この時に軽く運動することが大事です。30分ほどのウォーキングは、糖化作用をを減少させることができます。その反対で食後すぐに横になって寝てしまうのは糖化を促進させてしまうことになるので、気をつけましょう。夕食後に軽く散歩することが糖化を抑えることになります。

 

 

 

同じカテゴリー「健康」の一覧

還元型コエンザイムQ10のステラの贅沢CoQ10の成分と効果

  コエンザイムとは、補酵素のことで細胞内の化学反応の担い手である酵素の働きを助けるものです。Q10はキノンという化学構造に側鎖が10単位で連なってできているというのが名前の由来です。 コエ […]

記事の続きを読む

腸粘膜と遅発性食物アレルギー

      食物アレルギーと言えば、食物を食べるとすぐにじんましんが出る、呼吸が苦しくなるなどを重い言付きます。これらすぐに症状が現れる食物アレルギーを即時性食物アレルギ […]

記事の続きを読む

過敏性腸症候群とフォドマップ食事療法とC-23ガゼリ菌

    過敏性腸症候群(IBS)とは、主に精神的な緊張・不安・ストレスが原因で、下痢、便秘といった便通異常や 腹部膨満・腹痛・ガスなどの症状が繰り返し起こる病気をいいます。腸を検査 […]

記事の続きを読む

酢とたまねぎを合わせたときの健康効果と整腸作用

    以前に酢を原液で飲む健康法が流行しました。高い濃度のまま飲んでしまうと酸が強すぎて、口の中や食道、胃などの粘膜を荒らしたり、胸やけを起こしたりする危険性があります。酢を直接 […]

記事の続きを読む

ダイエット効果のあるヨーグルトと美肌効果のあるヨーグルト

    毎日食べるヨーグルトですが、どうせ食べるなら目的に合わせてヨーグルトを選びましょう。乳酸菌やビフィズス菌の種類によって、体の中での機能が異なることがわかってきている。ここで […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

巣切 通子のプロフィール

便秘は腸だけの問題ではなく、体の健康状態や心の状態が影響を与えるので、様々な方面から便秘解消法や腸活法をお伝えしたいと思っています。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 胃腸が弱い方の便秘解消法

    ページトップ