比較的に胃腸が弱い人の便秘解消法と健康法

MENU
胃腸が弱い方の便秘解消法 TOP  >  便秘解消法(体の外側編)  >  便秘の原因である落下腸を直すマッサージとは

便秘の原因である落下腸を直すマッサージとは

以前から腸がねじれるように痛たかったり、ガスが腸に溜まっているような膨満感をありました。自分自身ではその不快感はどうにもできなかったので、いつも通院しているふつうの整体師さんのところに相談に行きました。

 

 

そこでおなかを触診してもらうと、横行結腸の位置が正常な位置ではなく、かなり下のほうに落ち込んでいると言われました。そのころは、落下腸という言葉がなかったので、腸が下がっているんだなという認識でした。

 

自分で触ってみても腸がどうなっているのかはよくわからいのですが、整体の先生は腸の位置がよくわかるそうです。

 

整体の先生は、腸を上げるために指先で腸のツボを押したり、手のひらでぐりぐりと押し上げたりして、腸を正常される位置に移動してくれました。

 

その後は、うそのように痛みや不快感がなくなり、まずガスが出てしばらくすると便意をもよおしました。それから以降は便秘になると通院してお世話になることにしました。

 

この経験からマッサージを受けて落下腸を解消することは、よく理解できていました。
しかし、通院しないと落下腸が治せなかったので、自宅で落下腸が治せる自力でできるマッサージする方法はないのかと考えていました。

 

その待望の自力のマッサージがありました。それが今から紹介する水木式の落下腸マッサージです。

 

水上式 落下腸マッサージの方法

 

下腹部の持ち上げるマッサージ

あおむけに寝て、お尻の下にクッションを置いて腰を10cmほど浮かせます。

 

この姿勢は下腹部からみぞおちの方向に上げやすくするためです。次に両手の親指以外の4本の指をそれぞれそろえて、下腹部に置きます。

 

4本の指先を使って、おなかが軽くへこむぐらいの強さで、下から上へと動かしながらマッサージをしていきます。

 

下の写真のように①~⑨の順番にへそのラインまでマッサージをして、往復6回繰り返します。  所要時間1分くらいです。

 

 

 

 

下腹部ゆらしのマッサージ

 

下腹部持ち上げと同じ姿勢のまま、両手の親指以外の4本の指を、下の写真のようにへそを中心に左右へ10cmほど離した位置に当てます。

 

左右の指先でおなかが軽くへこむ程度の強さで交互にたたいていきます。
指先で上下に少しづつ動かしながらトントンと60回ほど繰り返します。  所要時間は1分くらいです。

 

 

 

落下腸マッサージの注意点

落下腸マッサージは、朝食前と就寝前に行うのが効果的です。

猫背の姿勢の人は落下腸になりやすいので、日頃から背筋を伸ばしていい姿勢を保つことが、落下腸対策になります。

 

 

便秘の原因になる落下腸とは

 

 

落下腸とは、以前から総腸間膜症と言われているものです。本来なら腹部の背中側に固定されている右腹部の上行結腸と左腹部の下行結腸が固定されいない腸の形態です。日本人特有に 見られる腸管形態のひとつです。

 

 

上行結腸と下行結腸が背中側からはがれて折れ曲がり、本来みぞおち付近にある横行結腸が下の方に垂れ下がっている状態です。

 

垂れ下がった大腸が骨盤内に折り重なると、便の通りが非常に悪くなり腹痛を伴う頑固な便秘になり困ることになります。

 

落下腸は、生まれつきのもので、胎児のときの成長過程において、大腸が背中にきちんと固定されていないのです。日本人で約10%が落下腸だと言われています。

 

 

落下腸であるかどうかのチェック法

 

ふつうは腹部のレントゲンで検査する方法です。しかし、落下腸の場合、造影剤(バリウム)を飲んで検査すると大腸のねじれの部分が細くなっているので、造影剤が引っかかってそこで固まり、 腸閉塞を起こす危険性もあるので注意が必要です。

 

専門医でチェックする方法

腸管形態異常の便秘治療を行う専門医では、CTコロノグラフィー(CTコンピューター断層撮影)で立体撮影した大腸の形態を見て判断することができます。これをすることで、科学的に腸の形態が立体的にわかり、落下腸かどうか判明します。

 

自分自身でチェックする方法

大腸は、横になった姿勢、座った姿勢、立った姿勢で位置が変化します。特に落下腸の人は、その変化が大きく、立ち上がると重力によって大腸が下に下がます。骨盤に落ち込んだ腸の圧力で下腹部がポンと張り出します。

 

あおむけに寝ると背中側に大腸が移動するので、下腹はポンと出ずに普通の状態です。立ったときにだけ、下腹がポンとふくらみます。極端に状態の違いがあるのが落下腸であることがわかりやすいです。

 

鏡の前で立位姿勢のまま横になって下腹をチェックしましょう。

 

 

 

 

同じカテゴリー「便秘解消法(体の外側編)」の一覧

副交感神経を優位にして便秘を解消する方法

    仕事などが忙しくしていると、交感神経がずっと優位になっているため、便通が悪くなってしまいます。腸の働きを活発にするには副交感神経を優位にしなければなりません。ちょっとした合 […]

記事の続きを読む

手のひらや指を揉むことで、トイレの中でもできる便秘解消法

    手や足が全身の各部分に対応して、揉みほぐすことによって健康状態がよくなることが知られています。特に手のひら全体は、消化器官と対応しています。便秘を解消するのに、手のひらを揉 […]

記事の続きを読む

特殊音響やクラシック音楽で便秘を解消する。

    特定の周波数である音を使って、体を正常な機能や自然治癒力を回復させる音楽療法をサイマティック療法と言われています。特定音の振動を体に当てることで、腸を健康状態にもどし、便秘 […]

記事の続きを読む

腸に効く足もみマッサージで便秘解消。

        腸には、小腸と大腸があり、それぞれの働きは大きく違います。小腸の主な役割は、栄養を吸収する。小腸の筋肉が弛緩と収縮を繰り返しながら、胃から送られ […]

記事の続きを読む

お腹にたまったガスを抜く簡単な方法

    食物繊維の摂取は便秘予防に有効です。しかし、すでに便秘になっている人にとっては、たくさん食物繊維を摂取することが、 かえって便秘を悪化くせているケースがあります。 &nbs […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

巣切 通子のプロフィール

便秘は腸だけの問題ではなく、体の健康状態や心の状態が影響を与えるので、様々な方面から便秘解消法や腸活法をお伝えしたいと思っています。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 胃腸が弱い方の便秘解消法

    ページトップ