比較的に胃腸が弱い人の便秘解消法と健康法

MENU
胃腸が弱い方の便秘解消法 TOP  >  健康  >  短鎖脂肪酸の多様な健康効果

短鎖脂肪酸の多様な健康効果

 

 

人の腸内細菌は、消化できないセルロースなどの多糖(食物繊維)を分解して短鎖脂肪酸をつくります。 短鎖脂肪酸とは、腸内細菌がつくる酪酸や酢酸などの有機酸のことをいいます。

脂肪を合成するための原料として肝臓などで使われるほか、腸内を弱酸性の環境に整えて有害菌を増殖を防いだり、炎症を抑えたりします。

 

短鎖脂肪酸の肥満防止効果

肥満は脂肪細胞の内部に脂肪が蓄積され、肥大することで起きます。この脂肪細胞には、短鎖脂肪酸を感知するセンサーがついていて、そのセンサーが短鎖脂肪酸を感知すると、細胞は栄養分の取り込むのをやめ、脂肪が過剰になるのを防いでいます。

 

短鎖脂肪酸は脳へたどり着くと、 食欲を抑える刺激となって食べ過ぎを予防できます。脳からの食欲を抑制してくれるのです。

 

交感神経にも短鎖脂肪酸に反応するセンサーが備わっています。活動時に働く交感神経が短鎖脂肪酸を感知すると全身の代謝を活性化します。心拍数を上げたり、体温の上昇をさせたりして、脂肪を燃焼しはじめます。脂肪を蓄積を減らし、全身の代謝を活発にして肥満を防ぎます。

 

 

短鎖脂肪酸の食欲抑制する効果

 

食欲を抑制するホルモンであるインクレチンを増やします。 インクレチンは食べ物が腸に到達すると、腸から分泌するホルモンです。脳に作用して、これ以上食べたくないという気持ちを起こさせます。 また、胃の消化速度を遅くするなど、食欲を抑制します。

 

 

短鎖脂肪酸の抗アレルギー効果

 

腸内細菌がつくる短鎖脂肪酸は、未熟なT細胞の遺伝子にはたらきかけ、誤った免疫反応や過剰な免疫反応を抑えるブレーキ役の制御性T細胞の数を増やします。

そして、アレルギーを起こす障害性T細胞の攻撃機能を制御性T細胞が抑えることで、アレルギーを抑えます。

 

短鎖脂肪酸は大腸が活動するエネルギーの源

 

大腸の粘膜は短鎖脂肪酸のすべてをエネルギー源にしています。短鎖脂肪酸が足りなくなると、大腸の粘膜バリアが弱り、細菌から攻撃を受けやすくなります。短鎖脂肪酸を増やすことで腸のバリア機能を高めることができます。

短鎖脂肪酸を感知するセンサーは、脾臓やリンパ接などの免疫組織などにも存在します。短鎖脂肪酸は、全身のエネルギーの調節や免疫力の増強ともに密接にかかわっています。

 

 

短鎖脂肪酸は腸内で水素をつくります

 

短鎖脂肪酸がつくられる過程で腸内細菌から水素を発生し、その水素が細胞の酸化を防ぎます。すなわち、腸内細菌が糖を食べることで、水素が発生します。水素の抗酸化作用で、老化の予防や炎症を抑える働くをします。

 

水素ガスが多く発生する人はぜん動運動が早くなり、便通もよくなります。腸内細菌のバランスが取れていて、善玉腸内細菌がしっかり 活躍してくれる腸を持っていれば、体内でつくられる水素ガスの量が増え、さらに腸を元気にしてくれます。

 

セレトニンの分泌を促すします。

腸は脳の命令ではなく腸みずからの判断でぜん動運動をしています。このぜん動運動は脳の神経系は腸に食物がきたことをその腸壁の細胞が察知し、その細胞から セレトニンという神経伝達物質を腸神経系に送り。腸管の周りの筋肉を動かしています。

 

セレトニンは、気持ちを安定させ、意欲を高めるホルモンでもあります。腸内環境を整えることでセレトニンの働きはさらに強まります。

 

短鎖脂肪酸を増やす方法

 

短鎖脂肪酸が増やすには、やせる菌であるバクテロイデス門の腸内細菌を増やすことです。このやせ菌には、食物繊維やオリゴ糖をエサにして、短鎖脂肪酸を作り出す働きがあります。食物繊維とオリゴ糖をいっしょに摂ることによって、体内に短鎖脂肪酸が増やせることができます。

 

 

 

 

 

同じカテゴリー「健康」の一覧

還元型コエンザイムQ10のステラの贅沢CoQ10の成分と効果

  コエンザイムとは、補酵素のことで細胞内の化学反応の担い手である酵素の働きを助けるものです。Q10はキノンという化学構造に側鎖が10単位で連なってできているというのが名前の由来です。 コエ […]

記事の続きを読む

腸粘膜と遅発性食物アレルギー

      食物アレルギーと言えば、食物を食べるとすぐにじんましんが出る、呼吸が苦しくなるなどを重い言付きます。これらすぐに症状が現れる食物アレルギーを即時性食物アレルギ […]

記事の続きを読む

過敏性腸症候群とフォドマップ食事療法とC-23ガゼリ菌

    過敏性腸症候群(IBS)とは、主に精神的な緊張・不安・ストレスが原因で、下痢、便秘といった便通異常や 腹部膨満・腹痛・ガスなどの症状が繰り返し起こる病気をいいます。腸を検査 […]

記事の続きを読む

酢とたまねぎを合わせたときの健康効果と整腸作用

    以前に酢を原液で飲む健康法が流行しました。高い濃度のまま飲んでしまうと酸が強すぎて、口の中や食道、胃などの粘膜を荒らしたり、胸やけを起こしたりする危険性があります。酢を直接 […]

記事の続きを読む

ダイエット効果のあるヨーグルトと美肌効果のあるヨーグルト

    毎日食べるヨーグルトですが、どうせ食べるなら目的に合わせてヨーグルトを選びましょう。乳酸菌やビフィズス菌の種類によって、体の中での機能が異なることがわかってきている。ここで […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

巣切 通子のプロフィール

便秘は腸だけの問題ではなく、体の健康状態や心の状態が影響を与えるので、様々な方面から便秘解消法や腸活法をお伝えしたいと思っています。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 胃腸が弱い方の便秘解消法

    ページトップ