比較的に胃腸が弱い人の便秘解消法と健康法

MENU
胃腸が弱い方の便秘解消法 TOP  >  健康  >  別腹って本当にあるの?

別腹って本当にあるの?

 

バイキング形式のお店でたくさんの量のおかずや主食を食べて、お腹がいっぱいなりました。もう食べらないと思っていても、デサートのコーナーに行くと、 おいしそうなデサートが並んでいます。そのデサートを見ると、まだまだデザートが食べられるということはよくありませんか。いわゆるデザートになると別腹になるという件です。

 

 
実は、この別腹を引き起こしているのは、脳の前頭連合野という場所で本来はお腹がいっぱいになると、もう食べれないと感覚がおこるところでもあります。

 

例えば、同じような味のメニューを続けて何杯も食べれないと思うことがありますね。あれは量をたくさん食べて食べれないのではなく、同じ味にあきてしまって食べれることができなくなります。このことを感覚特異性満腹といいます。

 

 

食事の後に食べるのは、たいてい甘い食べものです。食事で食べた主食やおかずの中に甘い物に似た味がないため感覚特異性満腹がおきないので、また食べられるのです。

 

 
もう一つには、脳の前頭連合野ではデサートが入るスペースを胃の中に作る働きがあります。脳の前頭連合野の神経細胞が「おいしい」という信号を摂食中枢の神経細胞に送るとオレキシンという物質が放出されます。

 

このオレキシンは胃の入口付近の筋肉をゆるめ、出口に付近の部分を活発にします。こうして胃の中のもの一部を腸の方に押し出し、胃の中にデザートを入れるスペースをつくっています。こうして本当に別腹がつくられるのです。

 

 

空腹のときにどうしてお腹が鳴るのか?

 

 

 
お腹がすくと、胃は直接空腹を感じると胃からグレリンというホルモンが分泌されるようになります。グレリンは胃を支配している迷走神経に働きかけ、脳に胃の中が空であることを伝えます。脳は空腹感から食物を食べようとします。お腹がグーッとなるのもグレリンというホルモンの作用によるものなのです。

 

 

お腹がいっぱいになると、グレリンの分泌が減って空腹感がなくなり食べるのをやめようとします。グレリンの量によって食欲を調節しています。

 

 

また、グレリンは副交感神経を活性化させ、全身の臓器の働きを良好にしてくれる働きもあります。実はグレリンは体の細胞の中にある「ミトコンドリア」を増やして細胞を元気にしてくれるのです。グレリンの受容体をもった臓器であれば、どこでもミトコンドリアが増えることになります。全体的にミトコンドリアが増えることで、弱った体は元気にしてくれるのです。

 

 

 

 

同じカテゴリー「健康」の一覧

還元型コエンザイムQ10のステラの贅沢CoQ10の成分と効果

  コエンザイムとは、補酵素のことで細胞内の化学反応の担い手である酵素の働きを助けるものです。Q10はキノンという化学構造に側鎖が10単位で連なってできているというのが名前の由来です。 コエ […]

記事の続きを読む

腸粘膜と遅発性食物アレルギー

      食物アレルギーと言えば、食物を食べるとすぐにじんましんが出る、呼吸が苦しくなるなどを重い言付きます。これらすぐに症状が現れる食物アレルギーを即時性食物アレルギ […]

記事の続きを読む

過敏性腸症候群とフォドマップ食事療法とC-23ガゼリ菌

    過敏性腸症候群(IBS)とは、主に精神的な緊張・不安・ストレスが原因で、下痢、便秘といった便通異常や 腹部膨満・腹痛・ガスなどの症状が繰り返し起こる病気をいいます。腸を検査 […]

記事の続きを読む

酢とたまねぎを合わせたときの健康効果と整腸作用

    以前に酢を原液で飲む健康法が流行しました。高い濃度のまま飲んでしまうと酸が強すぎて、口の中や食道、胃などの粘膜を荒らしたり、胸やけを起こしたりする危険性があります。酢を直接 […]

記事の続きを読む

ダイエット効果のあるヨーグルトと美肌効果のあるヨーグルト

    毎日食べるヨーグルトですが、どうせ食べるなら目的に合わせてヨーグルトを選びましょう。乳酸菌やビフィズス菌の種類によって、体の中での機能が異なることがわかってきている。ここで […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

巣切 通子のプロフィール

便秘は腸だけの問題ではなく、体の健康状態や心の状態が影響を与えるので、様々な方面から便秘解消法や腸活法をお伝えしたいと思っています。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 胃腸が弱い方の便秘解消法

    ページトップ