比較的に胃腸が弱い人の便秘解消法と健康法

MENU
胃腸が弱い方の便秘解消法 TOP  >  便秘解消法  >  弛緩性便秘には塩入りヨーグルトジュースがよく効きます。

弛緩性便秘には塩入りヨーグルトジュースがよく効きます。

 

 

弛緩性便秘とは、腸のぜん動運動が著しく低下し、便が腸内に滞って慢性的な便秘になることです。 便が大腸に長くとどまった状態が続くので、腸内にガスがたまりやすくて膨満感があります。

毎日きちんと排便があっても少量で硬い便しか出ない場合は、弛緩性便秘のおそれがあります。

 

 

弛緩性便秘の原因は何か。

 

弛緩性便秘は、腸が柔軟な動きができなく硬直してしまう状態です。そのため腸のぜん動運動(腸の内容物を肛門のほうに向かって送り出される 腸の動き)がスムーズに行われなくなります。

 

このような多く弛緩性便秘は、慢性的な便秘の中で最も多く、 高齢者の便秘の大方を占めています。

 

高齢者になると、加齢による腸の筋肉の衰え弾力性の低下があり、このことが便秘に大きく影響しています。

 

 

全身の筋肉が年齢とともに弱まり、柔軟性もなくなっていきます。同様に腸壁の筋肉層や粘膜も萎縮しやすくなり、 それに伴って大腸にもともとあった弾力性が低下します。腸の弾力性は60代で20代の3割ぐらいに落ちてしまいます。

 

 

弛緩性便秘は、排便があっても小さなコロコロした便しか出てきません。なぜなら、便が大腸で停滞している間に、便に含まれる水分がどんどん腸から吸収されるからです。

 

 

健康な状態の便というのは、およそ80%以上の水分を含んでいますが、コロコロの便では、60以下の水分しか含んでいません。

 

 

そこで、たくさんの水を飲んで水分を多くとっても、腸に吸収されておしっこになって排出されるだけなんです。

 

腸のぜん動運動が起こらなければ、水分は腸に吸収されるばかりで、便は硬くなるだけです。

 

この弛緩性便秘はどうすれば効果的になおせるかというと、腸の内側からマッサージするのがベストなのです。(腸の外側からのマッサージも効果はあります。)

 

 

弛緩性便秘には塩入りヨーグルトジュースがなぜ効果があるのか。

 

 

塩入りヨーグルトジュースは、特に腸のぜん動運動が衰えた弛緩性便秘に効果を発揮します。 ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、ブドウ糖や乳糖を分解して、たくさんの乳酸を作る働きがあります。

 

また、乳酸菌の一種であるビフィズス菌は、乳酸だけでなく、酢酸もつくります。

 

 

この作り出された乳酸酢酸には、腸を刺激してぜん動運動を活発にする働きがあります。すなわち、乳酸菌をたくさん摂取すれば、 腸の動きがよくなり便秘を解消してくれるのです。

 

乳酸菌の働きをよりいっそう活発にするのが、塩の成分であるナトリウムです。ナトリウムが加わることで、ヨーグルトの整腸作用がさらに高まります。

 

塩分濃度が、血液や体液などの濃度に近い0.85%程度のときに乳酸菌が一番活動することになります。

 

塩入りヨーグルトジュースを飲むと、 腸内の浸透圧が調整されて保水性が高まります。したがって、体内の水分が腸内に十分に取り込まれて、便が軟らかくなり、便の体積も増えて、排便しやすくなります。

 

 

塩入りヨーグルトジュースの作り方と飲み方

塩入りヨーグルトジュースの作り方

ヨーグルトによる腸内環境の改善効果を高めるのが、ヨーグルトに塩を加えた塩入りヨーグルトです。

 

塩入りヨーグルトの作り方は、 プレミアムヨーグルト100gに対して、ミネラルウォーター100mg、塩1g(小さじ6分の1)を溶かして作ります。とても簡単ですね。

 

 

塩入りヨーグルトジュースの飲み方

1日3回、食前に飲むようにしましょう。
料理の材料として使えば、さらにおいしくたくさん食べれることができます。

 

塩入りヨーグルトジュースは、人によって効果の表れ方に個人差があります。 効果がすぐあらわれる人や数週間かかる人もいます。

 

これで弛緩性便秘が解消したとしても、半年くらいは続けて飲みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

同じカテゴリー「便秘解消法」の一覧

ライザップが考案したバイタルフローラ。その効果は成分に秘密があり。

    あのRIZAPが美容と健康にかかせない腸内環境を整えるサプリメントを開発しました。 ダイエット中は、食事制限などの影響で便秘になりがちです。そのためお通じを良くすることが大 […]

記事の続きを読む

バナナを食べて便秘を解消する。

      バナナは食物繊維やビタミン・ミネラルといった栄養素が豊富に含まれています。ほかにも、レジスタントスターチ、フラクトオリゴ、マグネシウムなど便秘解消に良い成分も […]

記事の続きを読む

過敏性腸症候群とフォドマップ食事療法とC-23ガゼリ菌

    過敏性腸症候群(IBS)とは、主に精神的な緊張・不安・ストレスが原因で、下痢、便秘といった便通異常や 腹部膨満・腹痛・ガスなどの症状が繰り返し起こる病気をいいます。腸を検査 […]

記事の続きを読む

ノンカフェインの「するっとカフェ」を飲んで便秘解消。

    コーヒーには、コーヒーオリゴ糖という独自のオリゴ糖があります。コーヒーオリゴ糖は腸内にある善玉菌であるビフィズス菌の栄養になります。 コーヒーオリゴ糖の特徴は、善玉菌の栄養 […]

記事の続きを読む

黒にんにくで便秘を解消できる。

    もともと生ニンニクは、アリシンという成分が豊富にあり、ニンニクを摩り下ろしたり、切ったりすることで出てくるあの特有のにおいです。 アリシンは腸を刺激して、ぜん動運動を活発に […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

巣切 通子のプロフィール

便秘は腸だけの問題ではなく、体の健康状態や心の状態が影響を与えるので、様々な方面から便秘解消法や腸活法をお伝えしたいと思っています。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 胃腸が弱い方の便秘解消法

    ページトップ